黄枝記 銅鑼湾店(5月1日昼食、5月2日夕食)

昼前にホテルに戻ってみると、連れは復活するどころか朝より悪化していて
大好きなヌーンデイ・ガン(ホテルから徒歩数分)を見に行くことすら出来なくなっていた。

ということでランチも一人で黄枝記へ。

2018年5月1日撮影。


メニュー。


ワンタン麺セット。


お会計。

お釣りが多いなあ思ったら、壁に掲示があった。


12時40分前に会計をして店を出たら12%引。
11時30分〜12時30分までのテイクアウトは15%引。
18時〜22時までのテイクアウトは10%引。

食後は連れの薬を買いにワトソンへ。


保濟丸(ポーチャイピル)。39.8ドル。

子どものころ体調が悪くなったときに、
父の職場の香港人秘書のヤンさんがすすめてくれて飲んだ香港の漢方。
効き目があった記憶がある。


効能。

ホテルに戻り連れに薬を飲ませ、再び散歩に出かけた。

さて、翌日5月2日の夕食も黄枝記だった。


豉油皇炒麺(香港風醤油焼きそば)。

この日の連れは病み上がりで「焼き物は無理」と言っていた。
ビールは飲んでいたけれど…


メニュー。


お会計。

参考
黄枝記のサイトはこちら
OpenRice(香港系グルメサイト)の黄枝記のページはこちら
2017年11月1日のブログ(黄枝記 銅鑼湾店)はこちら